BLOG

合わせガラス

2016年02月16日(火)

ヴァンサンクフルールのロビー間仕切りに合わせガラスの大型建具を採用した。
担当のNさんはイメージに合う和紙を探し、サンプルを取り寄せ、デザイン図を描いては消した。
奈良県田原本町にあるタミヤガラスさんの工場に何度も出かけては試作をした。
チーフのAさんも同行し、タミヤさんと二人三脚の作品が完成した。

和紙ならではのやさしい雰囲気がガラスの中にとじこめられて
控えめな中に華やかさのある空間となった。
入居する高齢の方々の心を癒してくれるに違いないと思う。

030_7358

ガラスの中の和紙は半永久的に保持される。
合わせガラスはもともと強度があるが、和紙が入ることでさらに安全性も高まる。

020_7511

エントランスは同じ和紙を曲線にデザインした。
「Fleur」という名称に似合う透明感のあるサインとなった。


心が和む手作り時計

2015年07月31日(金)

建物が竣工しいよいよ引渡し、喜びと共に一抹の寂しさを感じる瞬間です。
「さぁ、これからしっかり幸せづくりをしてね!」そんな気持ちを込めて竣工祝の品を選びます。
建物のスタイルや用途に応じて最適なものをと探す中でいつのまにか定番となったのがこの時計。
小さなお子様のいる家庭やほっこり和みたい空間には本当にオススメ!です。

20150811180630手作り感たっぷり、小枝を上手に使い、小鳥やリスが楽しげ、日本製のしっかりしたムーブメントに安心感があるこの時計は神戸市北区の工房“かぜまがり村”の村里さんが1点1点心を込めて制作されています。


見学会

2014年04月02日(水)

先日の自邸見学会の様子です。

パネル展示では、計画のコンセプトや、施工の様子、
その他この建物の通気のとり方などをご紹介させていただきました。

140322-kengakukai

140322-kengakukai-2

2日間で、40人近くの方に来ていただき、
本当にありがとうございました。

ぜひ、幸せづくりの参考にしていただけたら!と、思います。(石)


大和高田の家・・・テープカット

2014年03月21日(金)

3月21日 無事竣工引渡し!・・・雨続きで外構が少し残りましたが・・・
p1290234

まずは家族3人で記念撮影・・・土地取得、設計、工事、長い道のりに感慨もひとしおです!
p1290243

お世話になった現場監督のHさんと記念撮影・・・本当にありがとうございました!
p1290235

池田社長より心のこもった祝辞・・・これから長いお付き合い・・・よろしくお願いします!
p1290244

記念のテープカット・・・夫も娘も私も・・・満面の笑み!
p1290252

p1290258


西脇の家

2014年03月12日(水)

「実家の銭湯を定年後の住まいにしたい」と相談を受けたのは2年前の春でした。

銭湯は使われないまま約十年を経て老朽化が進んでいましたが、約半世紀前のこの建物は吟味された材料で手の込んだ職人の手仕事・・・建替えてしまうには惜しい普請でした。

ご両親との想い出が詰まっているこの建物を生かしましょう!方向性は一致して
①全体改修案②減築改修案を提示、検討していただくことになりました。

外観・・・煙突がそびえています

外観・・・煙突がそびえています

浴場・・・高天井のトップライトとランマから陽光

浴場・・・高天井のトップライトとランマから陽光

脱衣室・・・出入口、番台、下足箱

脱衣室・・・出入口、番台、下足箱

昨年の春、②の減築案でいくことが決まり、設計がスタートしました。

改修では大工棟梁の腕と熱意は特に重要です。
㈱谷口建設(山崎町)の専務さんと棟梁に現場を確認してもらいました。
「なかなかいい仕事してるなぁ、おもしろそうや」・・・やる気満々の棟梁。

Kさんご夫妻もすっかり棟梁と意気投合したようで、
施工は㈱谷口建設にお願いすることになりました。
約1ヵ月の予算調整の後、まず、浴場、煙突、ボイラー室の解体が始まりました。
周囲はかなり建て込んでおり、煙突の解体には特に気を使いましたが、
ご近所の皆さんから「業者さんの近隣への気配りが大変素晴らしかった!」
とお褒めをいただく仕事ぶり・・・(昇建設の藤井さんありがとうございました。)
そして、秋も深まった頃より改修工事がスタート。

構造体

  • 屋根を軽くして耐震性能を改善します。
    入母屋の瓦と土をおろしガルバリウム鋼板に葺き替えました。
  • 柱や壁の補強をします。
    腐朽した柱を入替え、傾きを修正し、補強柱や筋交いを入れました。
  • 下屋を新設します。
    配置上、西向きとなった庭に対して深い下屋庇を設けました。

内部は古いものをできるだけ生かしきろう!当初の目論見どおりの出来栄えとなりました。

格天井を生かし照明を嵌め込んだ居間

格天井を生かし照明を嵌め込んだ居間

脱衣棚を再利用したTV棚と建具を利用したパソコンコーナー

脱衣棚を再利用したTV棚と
建具を利用したパソコンコーナー

 

 

脱衣棚や棚受けを再利用した台所収納

脱衣棚や棚受けを再利用した台所収納

小屋裏を現しにした寝室

小屋裏を現しにした寝室

既存の建具を生かした縁側

既存の建具を生かした縁側

細工障子を再利用した階段室

細工障子を再利用した階段室

緩勾配に付け替えて上りやすくなった階段

緩勾配に付け替えて上りやすくなった
階段

障子と畳を入れ替えて壁を塗り替えた和室の続き間

障子と畳を入れ替えて壁を塗り替えた
和室の続き間

 186

路地を入った玄関・・・漆喰を塗替え嘗ての銭湯入口には大和塀を設けて坪庭としました。

西側の庭に植えるアオダモの樹・・・山取りの自然な樹形が美しい落葉樹・・・夏は陽を遮り、冬は陽光を!

西側の庭に植えるアオダモの樹・・・山取りの自然な樹形が美しい落葉樹・・・夏は陽を遮り、冬は陽光を!

庭は最小限の植栽のみ行ない、趣味のガーデニングで作り上げていく。

床などの塗装は毎週末通いながら少しずつ仕上ていく とKさん

「本当にいい家」とは何だろうと自問自答することの多い今日この頃ですが、
この家のように手間をかけ慈しんで住み継がれていく家こそ「いい家」に違いありません。

引渡しの日、Kさんが誰にともなくつぶやかれた「親父が生きていたらきっと喜んでくれただろうなぁ」という言葉が今も輝いて耳に残っています。