BLOG

ちぐさや本社工場[construction.4]

2018年07月09日(月)

ちぐさや本社工場の現場にて

設備機器の搬入が行われてますよ。

 

昨日までの雨が嘘のように

晴天。。。

国道26号線をジャックして

大型クレーンによる

設備機器の搬入!!

キュービクル、空調室外機、ボイラー等等

数が多い分、時間との闘い!!

段どり良く、手際良く、

空に向かって、機器は吊られていくのですよ。

さぁ、竣工まで約1か月です。

現場は、目まぐるしく、怒涛のように

その姿を変えていきますよ。

皆様よろしくお願いします。

[A]


もも・モモ・桃 from 岡山

2018年06月30日(土)

以前、スペースクリエーションに在籍していたA君から

昨年秋につづき モモちゃん が 届きましたよ。

見事な [白桃] でございます。

 

 

まさに さきがけはくとう!!

すこし、熟するのを待ち、所員たちの口に入ったときの歓喜の声。

まさに蜜蜜しいとは、こういうことを言うのだろうと思いつつ。

個人的にモモの旬は、秋と思っていたので、

今の時期に届いたことに驚きました。

[旬の食べ物は旬の時に食べるのが一番!!]って

テレビかなんかで言ってたのを思いだしながら。。。

律儀なA君に感謝と、体に気をつけて欲しいと願うばかり!

梅雨と通りこして、夏が来ている!

[平成最後の夏]、暑くならないわけがない!!

というか、また、次も期待していまいますよ。

もも・モモ・桃

[A]

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちぐさや本社工場[construction.3]

2018年05月13日(日)

ちぐさや本社工場の現場にて

鉄骨の建方が、無事終了しましたよ。

 

想像していたけど、

その想像を超えて

遥かに巨大なボリューム感が出ております。。。

建方が終わるとともにデッキスラブの敷き込み作業に移っております。

 

きちんと敷き込まれたデッキスラブは、

湖畔の水面を創造させる光の反射を繰り返していますよ。。。

 

暑さも増しますが、現場はそれ以上の熱さを持って

造り続けていきますよ。

[A]

 

PS 現場の鉄骨は 羽曳野市にある大進工業さんに製作していただきました。

ロボット溶接にて造られた柱・梁の溶接の精度は高く、

ここにも人間の仕事は機械に替わっていく現実があるんだなと

先の未来に何か寂しい気持ちになりましたが、

まだ、人間の手でしかできない加工もあると聞いて

少し、救いをおぼえました。

 

 


ちぐさや本社工場[construction.2]

2018年04月28日(土)

 

ちぐさや本社工場の現場にて

建物基礎の鉄筋・型枠工事が行われ、

コンクリート打設が行われました。

 

[配筋・型枠]

 

建築業界は人手不足が当たり前(どこの業界も同じですが)

熟練の職人さんが配筋や型枠を造ってくれています。

まだ、季節的に熱くなる前なので作業しやすいかなーと思いつつ、

この熟練の職人さん達は、何歳まで働くのだろう。。。と

何となく考えてしまいました。

この建物は鉄骨造で設計されていますが、

基礎部分は、コンクリート造となります

[コンクリート受入検査]

 

基礎部分構築後に鉄骨建て方ですよ。

※メインの鉄骨は、今現在、工場で制作されています。

ここから、どんどん建物の姿・形があらわれてきますよ。

[A]

 

 

 


ちぐさや本社工場 [construction.1]

2018年03月10日(土)

ちぐさや本社工場の現場にて

杭工事が行なわれています。

今回は、プレストレスト高強度コンクリート節杭を採用しています。

杭長5m程度なので、1本あたりの打設にさほど時間はかからないのですが、

敷地が狭いので、重機の盛替えに時間がかかるようです。

こればはりは、施工者や職人さんの連携と段取りにかかってきます。

世の中的に、杭工事は問題が起こった為に、チェック体制が厳しくなっています。

しかし、テクノロジーの発達と共に、機械も進化していき、

昔よりかは、チェックしやすくなったと杭施工業者さんと雑談。。。

現実問題、いい機械はコストがかかるので、そこに投資できるか?

投資するメリットはあるのか?

とかのリアルな話があるそうです。

どこもかしこも、同じようなことで頭を悩ましているようですね。。。

杭が終われば、次は掘削からの基礎工事ですよ。

[A]

 


1 / 3123