BLOG

製図試験にむけて

2020年07月19日(日)

ここしばらく一級建築士試験のため勉強に励んでいます。

ところでこの試験、1次試験と2次試験があるのですが、1次試験は学科試験で、2次試験は製図試験となっています。

実はこの製図試験がなかなか大変な試験でして、私奮闘しております。

製図試験は敷地と条件が与えられて、それに対して設計をまとめて6時間半という時間の中で図面を書き上げるという体力的にもハードな試験なのです。

まだまだ上手く書けません。笑

今は手書きで図面を書くことはほとんどありませんが、こうやって自ら手を動かすことで手書きが主流だった頃の凄さが身に沁みました。

資格学校の先生が書く図面を見せてもらったのですが、図面の綺麗さもさることながら気持ちのこもった味のある図面で、職人技といえるものでした。

CADやBIMという図面作成ソフトが主流の世の中ですが、一本一本魂を込めて線を引いていた時代の精神を忘れてはいけないなと思った今日この頃でした。


現場報告【加古川遊館】

2019年07月19日(金)

加古川遊館の現場に同行しました。

寄宿舎棟は初めてBIM(3Dソフト)を使って図面を書きました。

と同時に自分にとって初めて一通りの図面を書いた物件でもあります。

当たり前なのですが、自分の書いたものが実際に形になる、ということに感動を覚えました。

3Dで作るのに苦労した階段です(笑)

寄宿舎は6棟あり、並行して進んでいるので様々な工程を見ることができて勉強になりました。

 

現場の周辺は緑豊かで見晴らしの良い所でした。

完成が楽しみです。