OPENDESK

オープンデスクに参加した学生の声を紹介します。

大阪工業技術専門学校 建築学科2部 Iさん

参加期間:2017.8.21~9.8

大変勉強になった2週間でした。
初日は立方体と三角錐を作る練習からさせて頂き、いかに自分が不器用か気付かされました。
所員のNさんに何度もご指導いただき2つ3つと作っていくうちに少しずつ綺麗になり、完璧ではありませんが最終的には形になりました。正直こんなに難しいと思っていなかったので少しショックでした。
二日目以降はアルバイトのIさんのご指導のもと実際の模型を製作しました。設計意図を伝えるところから写真撮影までする中で、図面を読む、立体に起こす、スチレンボードをまっすぐに切る難しさなど、自分の足りない部分や知らない事を再確認しました。模型が完成すると皆さんが褒めてくださり嬉しかったですが、隙間だらけで柱も梁も歪んでおり完璧なものができなかった事を今後の課題として頑張りたいです。
最後の3日間はCADを教えていただきました。できることが増えていき知識も増えていくので毎日が刺激的で充実していました。印象深かったのは確認申請の準備で、書類の多さに驚きました。皆さん各々仕事を抱えている中でアドバイス頂き感謝いたします。
10月からアルバイトとしてお世話になりますので、気を引き締めて頑張りたいと思います。2週間ありがとうございました。


修成建設専門学校 建築学科 1回生 Y君

参加期間:2017.9.4~9.15

2週間大変お世話になりました。お仕事が忙しい中、時間をさいて丁寧に教えてくださって良い社会勉強になりました。
前半の1週間は模型製作や写真のレイアウト、CADでの修正などの作業を行いました。模型製作では壁が重なるところやボンドのはみ出しなど細かいところが少し雑になっていました。それが重なっていくと完成形が汚くなるので今後は小さな気配りまでできるよう心掛けたいです。
後半の1週間は、AUTOCADによる作図や修正をしました。設計事務所においてCADは一番使っていくソフトで、建築の仕事をするなら必要不可欠なのでどんどん経験をつんで速さと正確さを求めていきたいと思いました。最後に希望していたBIM(ARCHICAD)をさわらせていただきました。初めはとても時間がかかりましたが、一日中BIMをしていて、一つの入力画面から平面図、立面図、断面図、3Dパースがでてくるのはとても作業効率が良いと思いました。一方で設定や記入する寸法の量が多く、建具なども寸法を把握しておかないと逆効果になってしまうと思いました。
この2週間で、とても身近に職業体験ができ、これからの思い描く仕事に対してリアルに挑戦できたと思います。また、設計する流れやデザインすること以外に提出する書類の多さや色々なことに驚きました。来年には就職活動が始まるので、それまでに実践的な能力を身に付けていきたいと思います。


奈良女子大学 生活環境学部 住環境学科 2回生 Yさん

参加期間:2016年 9月6日~16日 9日間

image14スチレンボードで立方体を作ることから始まったオープンデスク。
器用な方だと勝手に思い込んでいたあの日の私は、前オープンデスク研修生の方が作った模型を見て驚き、そして反省しました。
自分が普段いかに雑な作り方をしていたかが分かり、そこから実際に事務所のお仕事として模型を作ることになって本当に私が作って大丈夫なのだろうかと不安でいっぱいでした。

作り始めてからはいつも課題に間に合わせようと早く作ることばかり考えていた癖で急いで作ろうとしていたのですが、「ゆっくりでいいよ」と声をかけていただきました。
やはり実際に見てもらうものなので早く作る事よりも正確に、丁寧に作ることが絶対なのだと学びました。

大学の課題は自己満足で終わらせてしまう事が多いですが、少し意識を変えて見てもらう前提で作ることで、また作り方や考え方が変わってくると思います。
ここで学んだことをこれからに生かしていきたいですし、後期からが楽しみになりました。
所員の方には何度も質問をしてご迷惑をおかけしてしまいました。たくさん気にかけてくださって皆優しくて本当に感謝でいっぱいです。

最終日はCADを使って練習で平面図を描くところから始まり、その後自分で立面図を考えて描いてみるという事をしました。
初めて使うCADは操作に慣れずなかなか思うように進みませんでしたが、やっていくうちにだんだんとやり方が分かってきて徐々に楽しくなっていきました。

考えて作った図面を見ていただきアドバイスもしていただきました。自分で考えていてもまだ図面に表現しきれていない部分があったり、もっと面白くできるはずなのにやり切れていなかったり、たくさん反省点が見つかりました。
しかしその分もっと建築について考え学んでいきたい、もっとCADで図面を描いてみたい等々、これから前よりも意欲的に頑張っていきたいと思えるようになりました。

事務所で鳴る電話、それに対応する皆さんの声、聞こえてくる打ち合わせの内容、膨大な数の図面、真剣にパソコンに向かう皆さんの姿。全てが新鮮で魅力的で毎日とても充実して楽しかったです。

将来やりたいことはあってもまだ自信が持てず、先のことが考えられない私でしたが今回参加させていただいたことで少し将来のイメージを思い描くことができるようになりました。
貴重な時間を過ごすことができてよかったです。
9日間ありがとうございました。


金沢工業大学 建築デザイン学科 3回生 Iさん

参加期間:2016年 8月22日~9月2日 10日間

綿業会館にて

綿業会館にて

初めてのオープンデスクということもあり、最初はとても緊張しました。私がお世話になった期間は他に参加者の方がいませんでしたが、皆さんに優しく接していただけたおかげで2週間楽しく学ぶことが出来ました。

私は今まで数人や数十人などのグループでしか模型を作ったことがなく、1人で考えて作業するのはとても大変でした。
しかし、言われた部材を言われたように作るだけの模型製作とは違い、平面である図面から自分で立体にしていく楽しさを学ぶことが出来ました。
ミスも多く、完成も時間ギリギリになってしまうなど迷惑をいっぱいかけてしまいましたが、最後に模型写真を見た時は頑張ってよかったと思えるものになっていたのでよかったです。

模型製作の際に足りない立面図を書かせてもらった時と、最後の1日はAuto CADを触らせてもらいました。
大学ではベクターアーキCADを使い図面を書いていましたが、操作方法が違い最初はとても苦戦しました。しかし時間が経つにつれ思ったように線が引けるようになり、自分の成長を感じました。
実際に皆さんが仕事で使われているものを体験できとても良い勉強になりました。

今回のオープンデスクでは実際のミーティングやお客様との打ち合わせなどの実際の仕事風景などから、大学では味わえない経験をたくさんさせてもらいました。

2週間という短い間でしたが本当にありがとうございました。


京都女子大学 家政学部 生活造形学科 3回生 Iさん

参加期間:2016年 7月28日~8月10日 10日間

10日間のオープンデスクでしたが、本当にあっという間で、けれども濃くて有意義な時間を過ごさせていただきました。

初日は初めてのオープンデスクという事で緊張していましたが、みなさんが優しく丁寧に指導して下さるうちに、事務所で研修をしている時間がとても心地よく感じるようになりました。
事務所内にはメリハリがあり、自分が社会に出て働くようになってもしっかりスケジュールを立て、時間を過ごしていきたいです。

模型製作では美しく早く作るということを意識する基本の大切さを再確認しました。
大学の課題では模型は自己流で作っていくことが多かったので、1回生の頃を思い出して少し新鮮でした。今まで一番一枚残しをしたと思います。
うまく出来なかったところや心残りがある個所もありますが、満足のいく作品が出来たことと模型作りについて改めて考えることができました。本格的な写真撮影もとても楽しかったです。

CADの練習では今までVector Worksしか触ったことがなかったので、Auto CADを体験させて頂けて大変勉強になりました。立面図を社員さんに見てもらって感想を頂けたことは少し緊張しました。けれどプロのお話は何もかもが興味深くてもっと建築が好きになりました。
また設計の仕事がどういうものかが、漠然としたものから実際に自分が働くとすると、というイメージで身近に感じることが出来ました。

10日間事務所にいて一番印象に残っていることは、来客と電話の多さです。
設計には構造、設備、意匠、またクライアントと、さまざまな人が関わり合っているんだなと実感しました。

すぐに過ぎてしまったように感じた10日間の中でも学んだことや経験した事は言い切れないくらいです。お忙しい中オープンデスク生として丁寧に指導してくださった事務所の方々に心から感謝します。

本当にありがとうございました。


1 / 3123